歩合給制と残業代の請求について

歩合給制で仕事をしている人もいるでしょう。

歩合給の場合でも、残業をすると残業代を請求できるのでしょうか。これは、歩合給ではない、時間給で働いている人と同列に論じることはできません。時間給で働いている人は、1時間残業すれば1時間分、2時間残業すれば2時間分というように、残業時間に比例した残業代を請求することができます。これは言うまでもありません。

しかし歩合給制で働いている人はそういうわけにはいきません。歩合給は働いた時間に応じて給料が決まる仕組みではそもそもないのですから、1時間残業をしたからと言って無条件に1時間分の残業代が発生するわけではありません。というかそもそも1時間分の給料という概念そのものが当てはまらないのです。

歩合給の人は、予め決められた仕事の成果、売上げであったり何らかの仕事の進捗に応じた数値目標であったりするかもしれませんが、その数字に応じて給料をもらう仕組みで働いています。このような仕組みで働いている限り、残業をしたからと言ってその時間数に応じた給料を請求することができないのは当然です。

ただし歩合給制の人であってももちろん残業時間内に仕事の成果を上げることができたのであればその部分に応じた給料をもらうことはできます。これは残業代ということもできるでしょう。

また、残業時間に応じた割増賃金をもらうこともできます。そして、歩合給だからと言って無制限に働かせてよいとされているわけでは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です