歩合給制の残業代請求

歩合給制の人は普通の意味での残業代請求はできません。

もともと時間給制で働いているわけではないのですから、1時間残業をしたからといって1時間分の残業代を請求できるわけではないのは当然です。ですが、歩合給制であって、かつその歩合給の算出の根拠となる仕事の成果が全く同じであっても、それが所定労働時間内だけで行われたものなのか、それとも所定労働時間外も含めて行われたものなのかによって給料総額が違ってくるということを知っているでしょうか。

答えを言ってしまえば、所定労働時間外も含めて行われたものであるほうが給料総額は多くなるのです。同じ成果でありながらそうしてなのかと不思議に思われるかもしれませんが、これは労働基準法が関係しています。労働基準法では、仕事はあくまで所定労働時間内で行うものであって、それを超えて働いた場合は割増賃金を支払わなければならないとされています。

そして、この割増賃金は時間給制で働く人はもちろんですが、歩合給制で働く人であっても例外ではありません。1日8時間を超えて働いた場合は最低でもその人の時給の25%増しにしないといけないのです。時間給制で働く人はこの計算は簡単ですが、歩合給制の人の場合はちょっと難しくなります。

そもそも時間給制ではないのですから、まずは時給を算出するところから始める必要があるからです。その上で、残業した時間数に応じてその最低でも25%の割増部分を残業代として請求できることになるのです。

歩合給制の残業代についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です